共存

190
0

人物

共存

2021

キャンバスに油彩

82.0 × 32.0cm


モチーフは夢二の「黒船屋」からアマビエに変容。黒猫は人類が対処し難い状況を表し、猫そのものを指し示しているのではない。ただ忌み嫌うのではなく受容し共に歩む姿勢が必要なのではないかと思った


☆展覧会☆

【20th アート in はむら】

会期:6/30 ~ 7/11 (東京都 羽村市)

2021/06/29 18:36:03

部分

2021/06/29 18:36:03

部分2

アマビエはなるべくはオリジナルの江戸時代の瓦版に近い仕様で再現し、妖怪らしく色白の姿に。腰から下半身は魚類のような作り(アマビエは三本足)のため、その部位だけ最後にエアブラシのパールホワイトを吹いて優しい輝きを放つようにした

2021/06/29 18:36:03

シトラスリボン

上腕部にはシトラスリボンを配置…これだけはどこかに入れたかった。このアイコンは、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害を防ぐ、愛媛県発の「シトラスリボンプロジェクト」から

この活動はむしろコロナ終息後に需要が高まるのかもしれません。。

2021/06/29 18:36:03

使用画材:
    使用媒体:

      この掲示版にコメントする


      画像を変える

      投稿する

      この掲示版のコメント

      現在、投稿されているコメントはありません。

       



      ページの先頭へ