EMOTHION 200129

27
0

デッサン・スケッチ

EMOTHION 200129

■「裸体」もまた一つの「表面」である

フランス文学者でファッション評論家でもあった山田登世子氏は著書『モードの帝国』のなかでこう書いている。
「女はすみからすみまで表面なのだ。あなたの眼に映る表面以外に女は決して存在しない。もしあなたが女からドレスを奪い去ったら、あなたは裸体というもう一つの表面に出会うでしょう。女からファッションを取り去ったなら、あなたは衣装もろともそっくり女を失ってしまうだけ。」

山田氏がいうように「裸体」は「表面」である。
だから次のようにも言える。
「『男性』にとって『女体』は「エロス」という情感を与える『表面』である。だから『女性』からファッションを取り去っても、<貴方>は『女』を失わない。」

2020/01/29 09:13:21

使用画材:
  • 鉛筆
使用媒体:
  • 画用紙

この掲示版にコメントする


画像を変える

投稿する

この掲示版のコメント

現在、投稿されているコメントはありません。

 



ページの先頭へ