面相筆で描く裸婦

126
0

日本画

膝をついて

背中から腰にかけての線がとても美しいモデルさんでした。不安定なポーズを短い時間で描き、その後面相筆による作品に仕上げました。

2019/06/15 05:30:20

奏でる

笛を奏でながら踊るようなイメージ。裸婦と楽器の組み合わせは情感があって好きです。

2019/06/15 05:30:20

腕を挙げて

胡坐座りのポーズは、どっしりとした安定感があります。片腕を挙げて首の後ろに回すことで変化が生まれます。

2019/06/15 05:30:20

椿

花を持つ裸婦もまた古来からある構図です。モデルの女性が美しい方で、椿のようなイメージがあったので、画面上で花を持たせてみました。同様に布や果物と組み合わせることもよくあります。

2019/06/15 05:30:20

横たわるモデル

寝ポーズで生まれる曲線がとても美しい女性でした。その美しさを表現するために面相筆でなるべく息の長い線を引く、ということを自分の課題としています。

2019/06/15 05:30:20

使用画材:
  • パステル
  • 墨・和筆
使用媒体:
  • 画用紙

この掲示版にコメントする


画像を変える

投稿する

この掲示版のコメント

現在、投稿されているコメントはありません。

 



ページの先頭へ