パステルで描くモデル

51
0

人物

青い椅子の裸婦

レンピッカの絵は、画面いっぱいに人物を描いて、圧倒感があります。このモデルさんは小柄な方でしたが、ポーズ中はとても大きく見えました。

2019/05/02 07:48:25

膝を抱えて

これも短い時間で描いたポーズ。大きい絵を短い時間で描くことは、形の要素を大づかみでとらえる勉強になります。

2019/05/02 07:48:25

右膝を立てるモデル

自宅のアトリエに来ていただいたモデルさん。痩せた体形の女性はこのようなポーズに合います。大好きなエゴン・シーレを意識して、ごつごつ・ガサガサのタッチで描きました。

2019/05/02 07:48:25

八月の午後

いくつかポーズをとってもらった中の一枚。服の色や形は思い付きで変えています。10分のポーズだったので荒っぽいタッチになりましたが、その分生き生きした感じが出たと思います。

2019/05/02 07:48:25

椅子に寄り掛かる裸婦

モデルさんは休憩時の服を椅子に掛けてこのポーズをとりました。肌の色と服の青が対比効果を生み出していて、作画のポイントを知っている方だなと思いました。絵は(特に裸婦デッサンは)画家とモデルの共同作業ですね。

2019/05/02 07:48:25

使用画材:
  • パステル
使用媒体:
  • 画用紙

この掲示版にコメントする


画像を変える

投稿する

この掲示版のコメント

現在、投稿されているコメントはありません。

 



ページの先頭へ